My Only ON & OFF

Issue 04 2017DEC.emaさんのON

現代に生きる女性たちが、それぞれのライフスタイルで見せる「ON」と「OFF」の表情。第4回は、ファッションブランドDRWCYSのディレクター/デザイナーを務めるemaさん。ブランドの代表として人と接することの多い彼女は、ONのときにどんな表情を見せてくれるのでしょうか。

  • ONを読む
  • OFFを読む

撮られるときは、手元を華やかに

ディレクター/デザイナーとして活躍するemaさんは、ブランドの顔として雑誌の取材を受けることがしばしばあるそうです。自分のブランドの服を着用した姿を撮影されることも多く、そのときは特にマインドがONに切り替わり、ヘアメイクやスタイリングをすべて自分でこなします。

「爪が欠けやすいので、普段はクリアなトップコートのみを使っています。でも撮影のときは、ブランドが打ち出すイメージを体現するためにネイルを塗ります。ネイルケアカラー 05は、艶やかなシアーレッドが手元を美しく見せてくれるので気に入っています」。

そんなemaさんですが、ペティギュアは欠かさないそう。「背筋がすっと伸びるんです。周りに見られることは少ない場所だけど、だからこそケアを怠らないことが、密かな自信につながります」。

ライン使いで表情が垢抜ける

DRWCYSのデザイナーに抜擢されてから8年。そのキャリアのなかで、メイクはどのように変化していったのでしょうか。「昔はさまざまなカラーを使ってきちんとフルメイクをしていたのですが、年齢を重ねるたび、引き算や抜け感を大事にしないと不自然になっていくと気づいて。とはいえナチュラル一辺倒ではインパクトが足りなくなってしまう。そんな私の強い味方がアイライナーなんです」。

ラスティング ジェルアイライナー BK10で、ONのときは目頭と目尻、OFFのときは目尻だけにラインを引くのがこだわり。「まつ毛エクステをしているので、フルラインを引いてしまうとわざとらしいんです。撮影のときは、さらに目尻にリキッドタイプのアイライナー パーフェクト BK10を重ねてドラマティックに。色々なものをたくさんのせるのではなく、厳選したアイテムを効果的に使うことを意識しています」。

名品との出会いは友人やSNSから

新作発表をする展示会などもemaさんにとってONの機会。長時間多くの人と接する日は、メイク直しの時間もなかなか取れません。だからベースは念入りに。頼れるのは、友人に勧められてから溺愛しているというラ プードル オートニュアンス リクスィーズ Ⅰです。「フェイスパウダーは肌から浮いてしまうイメージがあって、ずっと使っていませんでした。その先入観を裏切ってくれたのがこれ。カバー力と透明感、どちらにも満足できますし、なめらかに肌に密着して時間が経ってもきれいなまま。ずっと使い続けたいですね」。

美容の情報は、詳しい友人やヘアメイクさん、SNSなどから情報収集しているそう。「最近はインスタグラムでエモーショナル フェイス BE401の存在を知り、その魅力にハマっています。大人の肌にぴったりの血色がじんわりと生まれる、このニュアンスに感動!」。

大人のカラーメイクに挑戦したい

色を楽しむフルメイクから、ラインを使ったメリハリのあるメイクへとシフトしていったemaさんに、今後はどんなメイクに挑戦したいかをうかがってみました。「少し色で遊んでみたい気持ちが戻ってきています。といっても、鮮やかなアイカラーをしっかりのせるような方法ではなくて、小さなポイントでさりげなく取り入れるようなメイクがいいですね」。

「たとえばアイライナーにブルーやグリーンを使ってみるとか、目頭だけボルドーのエクステにするとか。下まつげだけカラーマスカラで思いきり遊ぶ…なんていうメイクもいいかも」。まるで服のアイデアを考えるように、キラキラとイメージをふくらませる表情が印象的でした。

Profileema

DRWCYS ディレクター/デザイナー

大人の女性から絶大な支持を得るファッションブランドDRWCYSのディレクター/デザイナー。未経験ながらデザイナーになりたいという情熱を持ち、入社2年目で大抜擢。現在はブランドを統括するディレクターの仕事をメインに、ブランディングやデザインのほか、ショップディレクションや買い付けなど多岐に渡り活躍。旅行が好きで、これから訪れたいところはスペインとモルディブ。

RECOMMENDED ITEM

emaさんのお気に入りアイテム

  • エレガンス ラ プードル オートニュアンス リクスィーズ
  • エレガンスラ プードル オートニュアンス
    リクスィーズ
    時間が経っても美しいままの肌に

    上品なツヤをたたえたセミマットのフェイスパウダー。キメや毛穴をカバーしながら透明感も叶えます。

    DETAIL