2018 AUTUMN MEET ARTIST Vol.9

  • Profile
  • THIS SEASON’S ARTIST HASHIRU

    秋めいた空気に、ぴったりの表情を。
    専属メイクアップアーティストが、
    シーズンに合ったトレンドメイクをご提案します。
    第9回はHASHIRUによる、
    クールな美しさと色気を演出するセンシュアルなメイクです。

自信に満ちたセンシュアルメイク

この秋はかっこいい女性像がトレンド。
シャープな骨格にセクシーな唇、
意志のある目もとでクールビューティを表現します。
カラーミックスが絶妙な奥行きを生み、
自立した女性の美しさを引き出すメイクです。

GUEST AYAKA

主婦・モデル。
北海道から上京したばかりで、UVケアを研究中。

ワントーンでクールに仕上げて

ヌーヴェル アイズ22を使います。まずブラッシュ 3を使って、Dをアイホールにふんわりと広げます。色をのせるというよりも、くもらせるような気持ちで。下まぶたの目尻にも同様にのせていきます。次にCのパープルをアイホールの黒目より外側に重ねてニュアンスを出します。

Bのピンクを目頭の上下にのせ、Aをアイホールの黒目上だけにふわっとのせます。この2色が目もとの立体感を強調します。
最後ラスティング ジェルアイライナーBR23を、上まぶたはまつ毛を埋めるように、下まぶたは黒目下のみに入れます。目の縦幅を強調すると同時に、赤みを入れてセンシュアル感をアップします。

さりげないテクで骨格美人に

頬は、スリーク フェイス N RD301で血色感を仕込んでおき、肌なじみのよいエモーショナル フェイス BE401でナチュラルにシェーディングしていきます。頬骨の下から口角に向けてふわっと入れ、その後こめかみからフェイスラインをなぞるようにして、同じ色を顎先まで重ねます。外側がやや濃くなるようにコントラストをつけると、自然な立体感が生まれます。

じゅわっと色気を感じるリップに

ミシック ルージュ リュクスを2色使って立体感を出していきます。まず06のチョコレートブラウンをリップブラシで全体的にのせ、引き締めてから、05のレッドを唇の中心に指でぽんぽんと伸ばすようになじませます。クールなのに色っぽく、秋らしい印象に仕上がります。

ITEM LIST

  • Face color

    エレガンス
    エモーショナル フェイス〈フェイスカラー〉

    使用色:BE401

    5,500円(税抜)

    DETAIL
  • Face color

    エレガンス ヌーヴェル アイズ〈アイカラー〉

    使用色:22

    5,500円(税抜)

    DETAIL
  • Lip

    エレガンス
    ミシック ルージュ リュクス

    使用色:05・06

    3,800円(税抜)

    DETAIL
  • Brush

    ブラッシュ 3[アイシャドウ用 平筆L]

    3,000円(税抜)

    DETAIL

BASE MAKEUP

骨格をさりげなく強調して、色気の潜んだツヤ肌をつくります。
まず、モデリング カラーベース EX BE901を全体に伸ばし、色ムラをカバーします。
次にスティーミング スキン NA203をスポンジで叩きながらラフにのせていきます。フェイスラインにはNA205を使い、立体感を強調します。

  • 使用色:BE901

  • エレガンスモデリング カラーベース EX〈肌色修正メイクアップベース〉

    4,500円(税抜)

    DETAIL
  • 使用色:
    NA203・NA205

  • エレガンススティーミング スキン〈ファンデーション〉

    6,000 円(税抜)

    DETAIL

INTERVIEW

Vol.8 2018 SUMMER ナチュラルメイクこそ手をかけて

今日のメイクで衝撃だったのが、カラーミックスの手法です。複数の色を重ねていくとこんなに素敵に仕上がるんだ!と感動しました。実はマスカラも、まず赤を使って、その上に黒を重ねているんですよね。

赤を潜めておくと、さりげない色気が生まれるんですよ。あと、ブレンドすることで絶妙なくすみカラーを表現できます。くすみ感はこの秋冬の大きなトレンドです。

なるほど。でも、カラーをブレンドするのって難しくないですか?何色を混ぜればいいのか迷ってしまいそう…

そんなに難しく考えなくて大丈夫ですよ。シルバー、パープル、グレーあたりは今っぽいですね。そこに赤が潜んでいると最高です。

グレーやパープルって、目もとが強調されてしまうイメージがあります。シェーディングも興味があるのですが、自分でやるとどうしても舞台メイクみたいになってしまって。今日のメイクはどちらも本当に自然なのですが、コツは何ですか?

ズバリ道具です!広い範囲にふわっとのせることのできるブラシを持っていると、仕上がりは格段によくなります。僕は、一般の方とアーティストの違いって道具のクオリティだと思っているくらい(笑)

たしかにブラシってチーク用しか持っていないです。目もと用とフェイス用、早速試してみます!

ARTISTS TOP

掲載内容は2018年9月時点の情報です。