2019 SPRING MEET ARTIST Vol.11

  • Profile
  • THIS SEASON’S ARTIST taro

    この春は、少しだけクールに。
    専属メイクアップアーティストが、
    シーズンに合ったトレンドメイクをご提案します。
    第11回はTAROによる、スモーキーな大人の春メイクです。

大人っぽさが欲しいなら・・・ 脱・甘めのスモーキーメイク

春といえばふんわり可愛らしく、
そんな定番から一足脱して、
大人のかっこよさと色気を演出するメイクです。
くすみブルーで目もとをスモーキーに仕上げつつ
頬とリップは明るいピンクでまとめて、バランスよく。

GUEST NAHO

透き通るような美肌の持ち主。
美白と保湿が信条のスキンケアマスター。

ブレンディングでニュアンスを

Aのレヨン ジュレアイズ 07をアイホール全体にのせ、立体感を際立たせます。コンシーラー用のブラッシュ 12を使うとムラにならずきれいにフィットします。その後ヌーヴェル アイズ 26を使います。Bは目尻寄り、Eは目頭寄りを意識してアイホールよりややはみ出るくらい広めにのせ、ブレンディングしていきます。

ソフトなのにくっきりの切れ長ラインに

ファインラスティング ジェルアイライナー BK10をを使います。まず上まぶたのインサイドに、その後上まぶたにも引いていきます。目尻は少し長めにはねあげるように。ジェルタイプは輪郭がやわらかく仕上がるので、切れ長の目もとでも優しさを感じさせます。

さらにヌーヴェル アイズ 26のD、ブルーをのせていきます。目尻を中心にラインに重ねるようにぼかしながらなじませると、より深みのあるスモーキーアイに。その後下まぶたにBをのせ、スペクタクル マスカラ BK10で上下のまつげのツヤ感とボリュームを出していきます。

パステルピンクで立体感を

エモーショナル フェイス PK101を使って、ナチュラルに骨格を強調します。こめかみからスタートし、頬の高い位置まで斜めにストロークします。パステルカラーを甘く使わずシャープに仕上げることで、程よいかっこよさが生まれます。

ITEM LIST

  • Cheek

    エレガンス
    エモーショナル フェイス〈フェイスカラー〉

    使用色:PK101

    5,500円(税抜)

    DETAIL
  • Eye liner

    エレガンス
    ファインラスティング ジェルアイライナー

    使用色:BK10

    セット価格 3,800円(税抜)

    DETAIL
  • Eye color

    エレガンス ヌーヴェル アイズ〈アイカラー〉

    使用色:26

    5,500円(税抜)

    DETAIL
  • Eye color

    エレガンス レヨン ジュレアイズ 〈アイカラー〉

    使用色:07

    3,000円(税抜)

    DETAIL

BASE MAKEUP

まずモデリング カラーベース EX UV BE991で、色ムラをカバーしながらつるんとしたツヤ肌に整えます。その後黄みよりのジュレ ファンデーション IV301を使ってスマートな印象に。スポンジで軽く叩き込むようにのせると、密着して崩れにくく仕上がります。
皮脂崩れが気になるところだけにフェザー ヴェール 001を軽くのせ、抜け感のある肌に。

  • 使用色:BE991

  • エレガンスモデリング カラーベース EX UV〈肌色修正メイクアップベース〉SPF40 PA+++

    4,500円(税抜)

    DETAIL
  • 使用色:IV301

  • エレガンスジュレ ファンデーションSPF30 PA+++

    6,000円(税抜)

    DETAIL

・SPF、PA表示は国際的な基準で1c㎡あたり2mgを塗布して測定した値で、紫外線から肌を守る効果を示します。

INTERVIEW

Vol.11 2019 SPRING くっきり眉×ツヤ肌のバランスを習得!

「今日は目もとにポイントを置いたメイクでした。NAHOさんは目が大きくて形もきれいですけど、それをさらに強調させてもらって」

「アイホールより外側までカラーをのせてラインを長めに引くと、こんなに目が大きく、くっきりするんですね!ブルーのスモーキーアイはぜひ自分でもやってみたいんですが、どうしたらこんなニュアンスが出るのですか?」

「きれいにグラデーションを作ろうとせず、適当に混ぜればOKです(笑)。肩の力を抜くのがポイントですね」

「ブルーって難しそうでつい構えてしまうのですが、ラフな気持ちで使えばいいんですね。それから気になったのが眉のメイク。いつもブラウンのアイブローマスカラだけで明るくしていたんですけど、今日はかなり濃いチャコール系で。もしかして私、こっちの方が似合う…?」

「凜とした美しさや強さを演出したいなら、濃いほうがバランス取れますよ。明るいマスカラだけだとムラづきも目立ちやすいので、今日のようにペンシルやパウダーを併用するのがおすすめです」

「なるほど、やってみます。これまではアイカラーも眉もつい無難なブラウンでまとめていましたが、この春はメイクの幅がすごく広がりそうです!」

ARTISTS TOP

掲載内容は2019年4月時点の情報です。