Vol.14 MEET ARTIST 2020 SPRING

この春、表情をアップデートするなら、
今年らしいチークの使い方をマスターしましょう。
ナチュラルでかわいいチークを入れる基本編、
さらにトレンド感をプラスして美人に見せる応用編をご紹介。
シーンにあわせて使い分けられる、簡単なテクニックです。

Makeup Artist

Hashiruの写真
Hashiru

アイもリップも、色をレイヤードしてニュアンスを出すのが最近のブーム。チークも、春らしいふんわりとした色に、光と影になる色を重ねることで、一気に立体感が際立ちます。トレンド感があふれる美人フェイスに!

ふんわりチークで春らしく

春は明るい色のリップやアイカラーを楽しむ季節。チークは控えめにクリームタイプを活用して、ナチュラルかわいい表情に仕上げましょう。

Loading...

メイク手順

  1. まず、頬骨の位置を確認します。鏡に向かって斜め45度を向くと確認しやすいです。耳の高い位置から目の下まで続く高いところが頬骨になります。
  2. チークはクリームタイプ スリーク フェイス N の春らしくやわらかい印象の色PK101を使います。スポンジにトントンと2回ほど、軽くたたくようにとりましょう。

    Point

    Hashiru

    クリームタイプのチークはスポンジを使うとより簡単に仕上げることができます。

  3. 耳の幅と小鼻を結ぶ三角ゾーンのなかで、やわらかい楕円を描くようにしてのせていきます。顔の中心よりにポイントを持ってくることで、ナチュラルで愛らしい印象に仕上がります。

立体感を出して大人っぽい
美人フェイスに!

ナチュラルかわいいチークに、2つのテクニックで立体感をプラスしてみると…大人っぽい美人フェイスが手に入ります。ぜひ、普段のチークメイクにも応用してみて。

PLAY
Loading...

メイク手順

  1. まず顔の立体感を生み出す「骨格チーク」を入れていきます。チークブラシにエモーショナル フェイス BE401を2回ほどスライドしてとり、手の甲になじませていきます。
  2. 「骨格チーク」を入れるのは頬骨のやや下あたり。耳から頬骨の下を通り、口角に向かってスライドさせていきます。

    Point

    Hashiru

    やりすぎると不自然な印象になるので、「ついているかな?」程度で止めておくとよいでしょう。

  3. 次に、頬に高さを出すためにブリス オーラ PK103を使います。
    付属のブラシの毛先に少量をとります。
  4. 頬骨の高いところに、ハートマークを描くようにして入れましょう。パールの輝きが光を集め、立体感を演出しつつ、かわいらしさもアップします!
    立体感を出すことで、春らしいかわいさにトレンド感のある大人っぽさがプラスされます。

INTERVIEW

Artist Hashiru Model Aoi カラーをレイヤードするのがこの春のトレンド

今日のメイク、とても素敵でした。春らしくて、ピンクを使っているのにシックで。
私はメイクに苦手意識があって、ピンクなんてとても使いこなせないと思っているんですが、これならトライしてみたいなと思いました。

ポイントは立体感を出していることなんです。チークは春っぽいクリームカラーでベースを作り、骨格を意識した影と光のふたつのカラーをプラスして、3つレイヤードしていますし、目もともピンクにスモーキーカラーを重ねています。

なるほど。でも、自分でやるとなると難しそうです。いつも無難なベージュのアイカラーとオレンジリップの組み合わせにしてしまうんですよ。ピンクのものを選べばいいんでしょうか?

色でとらえずに、まずはメイクを陰影でとらえてみるといいですよ。頬やまぶたに少し光を足したり、眉下や頬骨の下に影色を入れてみたり。あとは、肌の延長の色を使うと自然にうまくいきます。血色感のあるピンクや、ピーチ、レッドなど。ブルーやグリーンは顔の中にない色なので、少し難易度が高くなります。

今日のような、メイクの「まとまり感」や「こなれ感」はどう出せばいいんですか?

ワントーンでまとめると失敗しにくいですね。ファッションでも今ワントーンやセットアップが流行っていますが、メイクも同じなんです。あとは、色をブロッキングしないこと。少し前までは、アイカラーを、眉下、アイホール、キワで色分けしていましたが、今は全部をレイヤードする時代!エリアは分けません。

そういえば、今日のアイメイクも3色重ねていましたね。同じ場所に重ねることで深みや陰影を感じる仕上がりになるのですね。

やわらかく大きなブラシで、ラフに重ねるのがポイントです。あまり考えすぎずに、がコツです。

ピンクのスモーキーアイとチークの重ね技で立体感を意識したメイク、挑戦してみます!気負わずやるからこなれ感が生まれるんですね。

MEET ARTISTS TOP

掲載内容は2020年3月時点の情報です。